FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来フェスタ2018実行員会

昨年に続き、今年も「未来フェスタ」を開催することになりました。
3月末に結成した実行委員たちが着々と準備を進めています。
20180414-1.jpg 20180414-2.jpg
20180414-4.jpg 20180414-3.jpg

開催:2018年5月27日(日)11:00-16:00
会場:名古屋YWCA2階
ガリ勉クラブの子ども達、バンビーナのママ達が、楽しい企画を繰り広げます。
入場無料です!
今からスケジュール帳に書いておいてくださいね~!

未来フェスタ2018チラシ

未来フェスタ2018タイムテーブル




スポンサーサイト

ガリ勉・バンビーナ未来フェスタ開催決定!

ガリ勉とバンビーナがタッグを組み「ガリ勉・バンビーナ未来フェスタ」を開催することになりました。
開催日は、5月27日(土)です。
ランチタイムから4時半くらい?とざっくりしたことしか決まっておらず、内容は子どもたちに任せようということで、第1回実行委員会を開催。
あまりにバタバタしていたので会議中の写真を撮るのを忘れましたが、ガリ勉・高校部から15人が実行委員に名乗り出てくれました。
スローガン、タイトル、イベント内容、担当など、あーだこーだと3時間の話し合い。
中学生は学校で話し合いに慣れていますが、過年度で来日し定時制高校に通うグループは話し合いに慣れていないことがわかりました。…なかなかまとまらない(笑)。
ともかく決定したスローガンは、「みんなの思いを伝えよう!」です。
どんな思い?と聞いたところ、「自分の国を大切にしよう」「他の国の人と仲良くしよう」「やればできる」「大切な未来」などなどの意見が出ました。
20170323-3.jpg
第2回実行員会は4月1日です。

防災訓練に参加しました!

日本語学校の生徒さんと一緒にYWCAの防災訓練に参加しました。
2階から火災が発生したという設定です。
2階といえば、ガリ勉クラブの教室があるところ。
いざというときのために、防災ずきんをかぶって真剣にやったつもりなんですが…。
煙体験から出て来た私の目は完全にアトラクション気分。
真剣みがたらん!と喝!!いただきました(苦笑)。
20150903-10.jpg
この煙体験ブースですが、中は本当に真っ白で何にも見えません。
その中を進むのは、訓練と分かっていてもドキドキ。
姿勢を低くして、足元のタイルの目地を見て進むといいと教えてもらいました。

今まで悪天候で教室をお休みしたことがガリ勉では何度かあります。
台風を呼ぶ人がガリ勉にいるとかいないとか…(笑)。
教室活動が日々無事に送れることを願うばかりです!

モリコロ助成事業「日本語教室レポート」

今年度のガリ勉クラブではモリコロ基金の助成を受け、地域の日本語教室と年少者支援について課題の検討をしています。
6~7月にはアンケート調査をしました。
その後、何か所か地域の日本語教室に伺い、教室活動を見学させて頂いています。
8月最終の日曜日、幸田町国際交流協会「日本語サロン」にお邪魔しました。
ご許可を頂いたのでここで紹介させていただきます。

幸田町は愛知県の中南部に位置し、岡崎、西尾、蒲郡に隣接する緑豊かな町です。
かつては紡績の町として知られていたようですが、現在は自動車関連産業を中心に製造業が盛んだそう。
それに伴い技能自実習生も多く、また、日本人と結婚して家庭を作った生活者が増え、ガリ勉クラブと同じように呼び寄せの子どもも多々いるとのことでした。
人口39,396人のうち711人(割合1.8%)が外国人(2015.1.31現在)。
20150830-5.jpg 20150830-1.jpg
この日の教室では、フィリピン、ベトナム、カンボジアの学習者さんが生活の日本語、仕事で使う日本語、そしてガリ勉と同じく学校の教科の日本語を勉強していました。

教室はJR幸田町駅から徒歩数分のところにある「まちづくり会館」。
20150830-2.jpg 20150830-4.jpg
年末年始やお盆休み以外の日曜、ほぼ毎週開催されており、授業料は無料。
学習者さんの年齢制限はなく、また、いつからでも入ることが可能。
スタッフは幸田町だけでなく岡崎や蒲郡からも参加されているそう。
この日は、夏の終わりにふさわしいゲスト、鈴虫が飛び入り参加!?

中学生は理科の勉強をしていました。
20150830-3.jpg
教科書にふりがなをつけながら、分からない語彙をひとつひとつ理解し、1時間半で3ページ進んだとのこと。
私が「名古屋のガリ勉クラブから来ました」と言うと、「ガリ勉」ということばをノートに書き、何度も口に出して練習していました。
きっと覚えてくれたはず!(笑)

指導は生活密着型でほぼマンツーマン。
20150830-6.jpg 20150830-7.jpg
梱包の仕事をしている女性には「包む」という言葉を教えていたり、仕事のために日本語能力試験を受けなくてはいけない男性には検定対策の指導をしていたり…。
学習者さんそれぞれの生活を支援する学習内容です。
「何か一つでも覚えて帰って欲しい」「わかった!の表情が見たい」というスタッフの熱意が伝わってきました。

来月は消防署など町の施設をバスで巡るツアーが予定されているそう。
町のタイアップや支援の充実を強く感じました。
日本語サロンが出来て20年以上ということですが、ここまで充実させるのはきっと紆余曲折の道のりだったと思います。

見学の後、カフェや雑貨屋さんが並ぶ幸田町駅前銀座のおとうふ屋さんでヘルシーなお豆腐ランチを頂きました。
ボリューム満点、美味でした~!
お腹も、心も、頭も、満たされた教室見学でした(笑)。

インド人のガリ勉先生のお話

ガリ勉クラブは先生も多国籍です。
その中の1人がインドから来た神父のSさん。
昨年の秋に開催した「ガリ勉おしゃべり会」に参加したことをきっかけにスタッフになりました。
20150718-1.jpg
「外国人が話す日本語サロン」の企画で、ガリ勉クラブの子どもたちとの出会いについてお話をしてくださるというので、ガリ勉っ子と一緒に参加してきました。
20150718-2.jpg
笑ってしまったのは、インドでは一人で100人を静かにすることができたけれど、ガリ勉では一人を静かに勉強にさせることができず、ガリ勉の最初の印象は「がっかりした」というところ。
あちゃ~(汗)と思いましたが、Sさんの素晴らしいのは、どうしてガリ勉の子どもたちが集中できないのか、遊びすぎるのかをちゃんと理解しようとしてくれたことです。
厳しくしたら言うことを聞くわけではなく、子どもに寄り添うことの大切さや、まずは自分が子どもの状態を知らなければ始まらないということを学んだ、とのこと。
それは周りのスタッフの姿からや、子どものことを知る中で気付いたそうです。
「子どもから教わった」と言えるSさんはやっぱり神父様だなぁと思いました。
一緒にお話を聞いたガリ勉っ子のSちゃんは、自分の気持ちや思ったことを話す「スピーチ」というものがどういうものかよくわかったと言って帰って行きました。
最後に、Sさんのお母さんの味という「インドの炊き込みご飯」を頂きました。
お話もご飯もご馳走様でした!

Appendix

プロフィール

ガリ勉1号

Author:ガリ勉1号
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。