FC2ブログ

Entries

冬休み教室初日「書初め」

まだ新年を迎えてはいませんが、強敵な宿題はさっさと終わらせるべし!ということで書初めをやりました。
20161226-11.jpg 20161226-13.jpg
力強い作品が書けました!
20161226-12.jpg

そろそろ2016年が終わります。
今年もガリ勉クラブを応援してくださりありがとうございました。
新しい年もどうぞよろしくお願いします。

新年第1発目の教室活動は「ガリフェス・スピーチコンテスト」です。
1月6日(金)午後1時から、1人1分~2分のスピーチを30人が行う予定です。
日頃の日本語学習の成果を見せるだけでなく、母語でのスピーチも披露します。
ガリ勉サポーターの皆様、ぜひ名古屋YWCA2階ビッグスペースへお越しください!
スポンサーサイト



冬休み教室初日「おにぎりプロジェクト」

冬休み教室初日は昨年好評だった「おにぎりプロジェクト」第2弾を開催!
スタッフ精鋭のおにぎりチームが練りに練った企画で楽しませてくれました。
20161226-1.jpg

おにぎりクイズですよ~。
昔話、「おむすびころりん」のおむすびはどこにいったでしょうか?
にぎらないおにぎりが人気です。なんという名前?
20161226-2.jpg 20161226-14.jpg


次は、待っていました!
「おむすびころりん」の紙芝居のはじまりはじまり~。
20161226-15.jpg 20161226-4.jpg

さていよいよ、みんなでにぎるよ~!!
20161226-5.jpg 20161226-6.jpg

事前に取った「おにぎりの具」アンケートの結果をもとに、シーチキン、鮭、梅、からあげ、ふりかけなどが具として並び、おかずも、ゆでたまご、ハム、2種類のスープ(ミネストローネ、コーン)、そしてオレンジゼリーのデザートまで。
おにぎりチーム、頑張ってくれました!ほらみんな、笑顔満開!!
20161226-9.jpg 
20161226-7.jpg 
20161226-8.jpg

中には初めてのおにぎり体験に、「嫌い。食べたくない」という声も聞こえてきましたが、「食べたことないんだよね。ダメだったら残していいから挑戦してみたら?おにぎりは日本の文化だよ。好きな具を入れて自分の好きなように作ればいいよ」と言うと、おそるおそる挑戦し、終わりには、ふりかえりシートに「おにぎりの作り方がわかってよかった」と書いてくれました。

夏休みや冬休み教室は一日あり、「お弁当を持って来て」と言っても、ほとんどの子がお弁当を持って来てくれません。
「こんな簡単に作れて美味しいよ」を教えたくて食育を意識し、「おにぎりプロジェクト」を始めました。
おにぎりチームの皆様、本当にお疲れ様です。
今年も大成功でしたね。「ごちそうさま!!」



ガリ勉卒業式

学期末です。次の学期どうする?申込する??
ほとんどの子が続けて在籍するのですが、中には、「塾に行くことにした」とか、「部活が忙しくなるから」と、ガリ勉を卒業していく子もいます。
その中の1人が最後に後輩達へメッセージをくれました。
本人の許可を得てここで紹介させていただきます。

「(礼)こんにちは。○○中2年の○○と申します。もうすぐ14歳になります。日本生まれ、中国育ちです。
中国の海沿いの青島というところから来て、今日で916日目です。約2年半です。
中国で育ったため、日本に来たばかりの頃は、「ん~?何喋ってるんだ?」っていう感じでした。ぜんぜん馴染みのない言葉と環境の中で、僕は、「世界は広いもんだな」と感銘しました。みんなも同じだったんじゃないでしょうか。
僕は、日本の学校に入ってすぐにクラスの人たちに嫌われました。なぜだと思いますか。例えば、自分の言っていることが分からないのに、自分に向かってにやにやする人とか、ルクセンブルグ語が分からないのに、ルクセンブルグ語しか書かれていないテストで満点を取る人がいたら、ほぼ誰からも嫌われますよね。僕がそのような人でした。
そこで僕は、みんなに嫌われないように、日本語を必死に勉強しました。毎日の生活は、寝る、食べる、勉強って感じでした。
辛くて辛くて、「もうやめよう」と自分の中でそうやって言うもう一つの自分がいました。そのたんびに、僕は、「やらないとダメだんだよ」と言いながら、その人を蹴っ飛ばしていました。
その結果、キック力だけでなく、日本語もだいぶ上手くなりました。学校の友だちと普通にコミュニケーションを取ることもでき、日本語能力試験1級にも受かりました。
そして、小学校から中学校に入りました。一番の感想は人がとても多いことでした。小学校とは比べものにならないくらいたくさんの人がいて、その中には僕よりキック力が強い人が多くいました。でも僕は、日本語ができることによって、みんなと同じスタートラインに立てました。
今ではテニス部のキャプテンとしてテニス部のみんなを、○○中の生徒会長として、学校の代表として、学校のみんなを引っ張っています。これらは全部ガリ勉クラブの先生たちや先輩たちの優しい指導と今まであたたかく見守ってくださったおかげです。
最後に、先生たちには「ありがとう」、みなさんには「これからも共にがんばろう」を僕の別れの挨拶として、終わります。」

挨拶が始まったときに、「ちょちょちょっと待って!もしかしてハンカチいる?」と聞いたのですが、やっぱり、ハンカチ、必要でした(号泣)。
みんなの胸にも響いたに違いありません。
ねぇみんな、共にガンバロウね!
20161222-11.jpg



漢字検定

冬休み前最後の教室では、一年の締めくくりにふさわしく「漢字検定」を行いました。
お世話になったのは、NPO法人にわとりの会の「にわとり漢字検定」です。
20161222-2.jpg

ガリ勉高校部・ガリ勉クラブ全員が、それぞれの自分の漢字力にあわせ、初級5から四段までの試験に挑戦しました。
20161222-1.jpg

20161222-3.jpg

頑張って勉強した子は必ず結果がついてきます。
「先生、ごめん。ダメだった。勉強しなかったから…」
早速帰りがけに謝ってきた子がいました。今回はダメでもそれに気が付いたってことはきっと次は頑張れるはずですよね。
「先生、オレ、絶対合格したと思う」と自信満々の子も(笑)。
はてさて結果はいかに!?
にわとり先生、よろしくお願いしま~す!!

GPC第3タームの中休み

11月から始まったGPC第3タームも冬休みに入りました。
冬休み前、最後の教室では中間テストを行い、通知表が出ました。
20161221-3.jpg
がんばった結果です。
お父さんやお母さんにほめてもらってくださいね(笑)。

第3タームの休み明けは、1月11日からです。後半戦もガンバロウ!
20161221-4.jpg

大学見学ツアー

2016年が終わらないうちに、行事紹介をせねば~と焦っています(汗)。
まずは、11月に行った大学見学ツアーです。
受入れてくださったのは「名古屋学院大学白鳥学舎」。
普段の大学を見せてください!というお願いを聞いてくださり、ガリ勉高校部の生徒中心で20人がお邪魔させていただきました。
20161117-13.jpg

学生さんによる「大学と大学生活紹介」では、普段とは打って変わって真剣にお話が聞け(笑)、なんとメモを真剣にとる姿が見られ(驚)、活発に質問も出ました。
20161117-12.jpg 20161117-8.jpg

全身を覆う白いつなぎを着て向かった先は、屋上の養蜂場。
ハチミツで作ったお菓子やパンを売店で販売しているのだそう。
これも経済学部の研究の一つと聞いてみんなびっくり。
20161117-6.jpg 20161117-9.jpg
20161117-7.jpg

疑似法廷体験ができる教室もありました。
誰がどこに座るでもめない、もめない!(笑)
20161117-5.jpg

ほかにも図書館、体育館、情報センター…と見どころいっぱい。
学食体験もさせていただきました。
20161117-2.jpg 20161117-3.jpg

さらに…、なんと講義の見学まで!
これ以上ないくらい真剣に見学しました。
20161117-14.jpg 20161117-4.jpg 

「先生、大学に連れて行ってくれてありがとう。ますます大学に行きたい気持ちが強くなったよ」
そんな感想を持った生徒もおり、大学見学ツアーは大成功でした。
お忙しい中、ツアーを企画してくださった名古屋学院大学の皆様に、心より感謝申し上げます!
20161117-15.jpg








高校プレゼン

受験シーズンに入り、そろそろ志望校を決めなくてはいけません。
そこで、「高校在籍部」のメンバーに、これから入試を受ける「高校準備部」のメンバーに向けて、自分の学校のプレゼンをしてもらいました。
201612-4.jpg

201612-1.jpg
時間割や授業の内容、部活や給食についてなど、各学校のアピールポイントを分かりやすく説明。
日本語の後には、中国語や英語などの同時通訳付きです。
201612-2.jpg

201612-3.jpg
昨年の今頃は四苦八苦していた子たちがなんと立派なことか…(笑)。
自分の学校に誇りを持っていることも伝わってきました。
将来が見えなくて苦しんでいる後輩達に、希望の光が見えたように思います。
先輩の後にみんな続けますように…。

ところで、志望校は決まったのかな?

Appendix

プロフィール

ガリ勉1号

Author:ガリ勉1号
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR